大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査とは、直腸から盲腸までの大腸全体、また小腸の末端までを、内視鏡により直接観察する検査です。
大腸ポリープや大腸がんをはじめ、様々な病気の早期発見に有効です。

※大腸ポリープの切除が必要な場合、連携する医療機関をご紹介します

大腸カメラ検査は
こんな方におすすめです

  • 腹痛がある
  • 腹部膨満感がある
  • 下痢・便秘が続いている
  • 便に血が混じっている
  • 便潜血検査が陽性だった
  • 急激に体重が減少した
  • 大腸ポリープができたことがある
  • 大腸がんの家族歴がある
  • これまで一度も大腸カメラ検査を受けたことがない
  • 40歳以上の方

など

福岡市西区の浜田内科クリニックでは、鎮静剤を使ってほとんど眠った状態で検査を行うことで、楽に大腸カメラ検査を受けていただける体制を整えています。

大腸カメラ検査でわかる病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室症
  • 直腸潰瘍

など

当クリニックの大腸カメラ検査の特徴

鎮静剤を使って検査時の苦痛を軽減

鎮静剤を使用することで、ほとんど眠っているのと同じ状態になり、検査時の苦痛が軽減できます。
苦痛をともなうイメージの強い大腸カメラ検査ですが、通常よりも楽に受けられます。

経験豊富な内視鏡専門医

大腸がんは男女ともに増加傾向にあるがんですが、早期発見すれば治すことが可能です。
初期のうちに大腸がんを発見するために、経験豊富な内視鏡専門医が精度の高い検査を実施します。

高性能な内視鏡システム

富士フイルムの高性能な内視鏡システムを導入していて、高画質な検査画像が表示させられるので検査の精度が格段に高まり、小さな病変も見逃さずに発見いたします。

大腸カメラ検査の流れ

STEP01

事前診察

大腸カメラ検査をご希望の方は、事前に当クリニックへお越しになり、診察を受けられてください。

STEP02

検査日を決定

診察後、大腸カメラ検査の日を決定します。

STEP03

検査前日の夜

検査前日の夜は、夕食を21時までにお済ませください。
また、事前診察の時に下剤をお渡ししますので、忘れず服用してください。

STEP04

検査当日の朝

検査当日は朝食を食べずにお越しください。
普段服用されているお薬がある場合は、事前に医師へお伝えください(自己判断での休薬はお控えください)。

STEP05

前処置

腸の中を空っぽにするために、下剤を服用してください。
おおよそ前処置に2時間かかります。

※前処置は基本的にご自宅で行っていただきます

STEP06

ご来院

前処置を終えられた後、お伝えした時間に当クリニックへお越しください。

STEP07

検査前の診察

検査前に診察を行い、当日の体調を確認します。

STEP08

鎮静剤を投与

鎮静剤を使って検査を受けられる場合には、点滴にて鎮静剤を投与します。

※鎮静剤を使用される場合、検査後もふらつきなどの影響が残る可能性がありますので、ご自身の運転によるバイク・自動車でのご来院・ご帰宅はお控えください

STEP09

検査

肛門から内視鏡を挿入して検査を実施します。

STEP10

検査終了

検査が終わりましたら、リカバリースペースへご案内して、お休みいただきます。
鎮静剤を使用された方は、そのまま意識が覚醒するまで1時間程度お休みいただきます。

STEP11

検査結果のご説明

検査画像をご覧いただきながら、検査結果をわかりやすくご説明します。
また検査後の注意事項もお伝えします。

大腸カメラ検査の費用

大腸カメラ検査6,000円程度
生検
(※個数・部位により変動)
5,000~12,000円程度

※1割負担の方は、上記金額の1/3が費用の目安となります

内視鏡検査専門サイト

top
0928811177 お問い合わせ page top

0928811177

お問い合わせ

内視鏡検査専門サイト